父兄惨姦 冬愛ことね


この動画をフル高画質で見る

朝から実の兄の慰み者になる娘のことね。しかし、その兄を拒むことなく自らも進んで硬く勃起した肉棒を咥える。舌を巧みに動かし、舌先に付いた我慢汁を美味しそうに舐める。更には兄のアナルを舐めてはベロキスを重ね、黄ばんだザーメンを胸に注がれる。夜になると、当たり前のように実の父親の性欲のはけ口になることね。兄よりも太い肉棒を口に捻じ込まれ、既に湿った小さいワレメに挿入される。ことねの表情は快楽に染まり、今日もまた父のザーメンを膣奥に注がれるのだった。