俺の知ってる妻はアヘ顔極めて喘ぐ雌じゃない…


この動画をフル高画質で見る

快楽に飢えた妻が自分を抑えきれず肉棒を欲しがった結果…妻の性欲が結婚後日増しに強くなり仕事で疲れた体で一日一回でも相当頑張っていたと思う。それでも足りないと求めてくる妻を愛しく思う反面、疲労困憊が続いていた。しかしその努力もはかなく散ることになる…あんなにいつもせっついていた夜がいつからかぱったり無くなってしまった。こちらから誘えばする様になるが、妻からの誘いは無くなってしまった。妻はあなたが仕事で疲れてるのに無理にしちゃってごめんねと、労う言葉をくれたもののどうにも腑に落ちていかない。ある日のこと、仕事が夕方前に終わり、早く帰って驚かせようと玄関を開けると見知らぬ靴が一足。そして妻の愚行を目の当たりにしてしまう…。